宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台育英や柴田、優勝争いの軸か 宮城県大会きょう開幕

 第72回秋季東北地区高校野球県大会は14日、石巻市民球場と仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で開幕する。県内4地区の代表28校が、東北大会出場を懸けて争う。初日は1回戦5試合がある。
 大会は14〜16、19、21、22日の計6日間。決勝は22日午後1時から宮城野区の仙台市民球場で行う。上位3校は10月11〜16日、盛岡市の岩手県営野球場などである東北大会に出場する。
 優勝争いは夏の甲子園大会で8強入りした仙台育英や、各地区を制した柴田、石巻工、大崎中央が軸となりそうだ。


2019年09月14日土曜日


先頭に戻る