宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台商が圧勝 宮城県大会開幕

仙台商―塩釜 2回裏仙台商1死二、三塁、東海林が中前に先制打を放つ=石巻市民

 第72回秋季東北地区高校野球宮城県大会は14日、石巻市民球場と仙台市の楽天生命パーク宮城で開幕。1回戦があり、仙台商と東北学院榴ケ岡が勝ち進んだ。
 仙台商は塩釜に7−0の八回コールド勝ち。二回、東海林の中前適時打と大和田のスクイズで2点を先取。六回は無死満塁で佐藤が右越えに走者一掃の三塁打を放つなどして4点を加えて突き放した。
 東北学院榴ケ岡は19−4で仙台高専名取に大勝した。一回、佐々木の左前適時打などで3点を先取。二回以降も着実に加点して七回コールド勝ちした。

 ▽1回戦
塩 釜00000000 −0
仙台商02000401x−7
(八回コールドゲーム)

東北学院榴ケ岡3200446−19
仙台高専名取 0000400−4
(七回コールドゲーム)


2019年09月14日土曜日


先頭に戻る