福島のニュース

菅原経産相が福島訪問 新産業集積化へ「内外から人を」

内堀知事(左)と懇談する菅原経産相

 第4次安倍再改造内閣で初入閣した菅原一秀経済産業相が13日、就任後初めて福島県庁に内堀雅雄知事を訪ねた。県沿岸部に新産業を集積する「福島イノベーション・コースト構想」に関し「福島の内外から人を集め、新しい産業構造を興していく」と語った。
 懇談は冒頭のみ公開。菅原氏は東京電力福島第1原発事故を巡り、「福島の皆さまには大変な迷惑をお掛けした。改めて経産相としておわびする」と謝罪した。廃炉と汚染水処理が最重要課題と強調し「安全を確保しながら着実に進めるよう尽力したい」と述べた。
 内堀氏は地域経済の復興について「地域に元々あったなりわいを再生することが出発点。住民が当たり前の生活を取り戻せるようにしてほしい」と求めた。


2019年09月14日土曜日


先頭に戻る