宮城のニュース

<楽天>先発辛島踏ん張れず 打線好機で一本出ず

5回、オリックス打線につかまった辛島(左から3人目)のもとに集まる東北楽天ナイン

 9連敗中のオリックスを確実にたたいてクライマックスシリーズ進出争いを優位に進めたいところだったが、東北楽天は投打に精彩を欠いた。
 まずは先発辛島が踏ん張れなかった。中盤に3点を失い試合の主導権を奪われた。
 悔やまれるのは0−1の五回の投球。1死二塁から4番ロメロを申告敬遠し、モヤとの勝負を選んだ。フルカウントから投じた外角低めの直球がわずかに外れ、満塁。2死までこぎつけたが、宗に2点打を打たれてマウンドを降りた。
 左腕は「モヤへの四球が痛かった。全体的に厳しいコースを狙い過ぎて、四球が多くなってしまった。最後は粘り切れなかった」と反省の弁を口にした。
 打線は決定打を欠いた。この試合の前まで今季1勝5敗と相性の悪いオリックス先発山岡に対し、一回は1死二塁、四回は1死三塁でクリーンアップに回し絶好の先制機を得たが、一本が出なかった。
 0−3の八回は2点を返し、なお2死満塁と攻めたものの、ブラッシュが2番手増井にあっさりと空振り三振に倒れた。
 平石監督は「先に点を取るチャンスはあったが、山岡にやられた。苦しい展開になってしまった」と語った。3位ロッテも敗れゲーム差が1のままだったことだけが救いだが、最下位相手の連敗は絶対に避けなければならない。(丹野大)


2019年09月15日日曜日


先頭に戻る