宮城のニュース

ツール・ド・東北2019 開幕 南相馬、亘理−仙台 初の視察ライド

南相馬市を出発して沿岸部の県境を越え、宮城県山元町の被災地を走る視察ライドの参加者。後方は震災遺構の旧中浜小=14日午前11時30分ごろ

 東日本大震災の被災地復興を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)が14日、2日間の日程で開幕した。初日は福島県沿岸部と宮城県南部へのコース拡大を見据え、視察ライドが初めて実施された。

 南相馬市発(90キロ)と宮城県亘理町発(72キロ)の2コースで、ともに河北新報社本社(仙台市青葉区)がゴール地点。大会関係者ら計23人が参加した。
 南相馬市を出発した参加者は、福島県沿岸部の復興の様子を確認しながら北に進んだ。亘理町発の参加者はいったん南下し、宮城県山元町の農水産物直売所「やまもと夢いちごの郷」などを訪れた。
 両コースの参加者は、亘理町の温泉施設「わたり温泉 鳥の海」で合流。名取市の商業施設「かわまちてらす閖上」などに立ち寄り、夕方にゴールした。
 大会は7回目。15日は、宮城県沿岸部の6コース(65〜210キロ)に一般参加の約3700人が出場を予定。順位を競わないファンライド方式で行われる。


2019年09月15日日曜日


先頭に戻る