宮城のニュース

<仙台六大学野球>工大先勝 仙台大に勝ち点

工大―東北大 6回途中無失点で今季初勝利を挙げた工大の庄司恭

 仙台六大学野球秋季リーグ第3節第2日は15日、仙台市の東北福祉大球場で東北工大−東北大の1回戦、宮城教育大−仙台大の2回戦があり、工大が先勝。仙台大は連勝し、勝ち点を2に伸ばした。
 工大は先発庄司恭が六回途中無失点の好投。4投手でつなぎ東北大に4−3で逃げ切った。仙台大は今津、佐野の連続本塁打などでリードを広げ、11−1で宮教大にコールド勝ちした。
 第3節第3日は16日、同球場で東北学院大−福祉大、東北大−工大の各2回戦が行われる。

工大が競り勝つ

 工大−東北大1回戦(工大1勝)
工 大000011200−4
東北大000001020−3
(勝)庄司恭3試合1勝1敗
(敗)中尾3試合3敗

 【評】工大が競り勝った。五回に野呂の適時内野安打で先制。六回は伊藤直の適時二塁打、七回には1死二、三塁から佐藤瑞の右前2点打でリードを広げた。東北大は八回に上野の2点三塁打で1点差まで迫ったが、及ばなかった。

 ○…先発庄司恭、強気の投球で今季初勝利 工大の庄司恭が六回途中無失点と好投し、今季3戦目の登板で初勝利。昨冬に右肘を手術したため春季リーグは出場がなかった。「万全の状態ではないがチームを勝たせられてよかった」と笑みを見せた。
 打者の内角を突く強気な投球で勝負した。三回に四球と安打で1死一、二塁のピンチをつくったが、チェンジアップを効果的に使って後続を連続三振に仕留めた。「絶対にホームを踏ませない。気合で抑えた」と振り返った。
 六回に右脚がつって無念の降板。「次は投げ切ってみせる」と力を込めた。

仙台大3回猛攻

 宮教大−仙台大2回戦(仙台大2勝)
宮教大010000 −1
仙台大207002x−11
(六回コールドゲーム)
(勝)小林快2試合2勝
(敗)草〓3試合3敗
(本)今津2号(1)(草〓)佐野1号(1)(草〓)

 【評】仙台大がコールド勝ち。一回1死から今津、佐野の2者連続ソロ本塁打で2点を先取すると、三回には大北と川村の適時打などで7点を奪い試合を決めた。宮教大は投手陣が踏ん張れなかった。

 ○…今津と佐野、初回に連続アーチ 仙台大の今津と佐野の3年生コンビが一回、2者連続の右越え本塁打を放ち打線に火を付けた。直球を振り抜いて先制弾にした今津は「出塁を意識していたので入ると思わなかった」と顔をほころばせた。
 同学年の一発に刺激を受けた佐野。「自分も続こうと思った。甘い球をしっかりミートできた」。2球目のスライダーを強振して今季初アーチを架けた。
 今津は今季第2号で、3本以上の打者に資格がある本塁打王に王手をかけた。「リーグ制覇の方が大事。狙い過ぎず、自分の仕事をする」と気を引き締めた。


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る