宮城のニュース

<秋季高校野球>小牛田農林 リード守る

 秋季東北地区高校野球県大会第2日は15日、仙台市民球場などで1、2回戦8試合があり、仙台商が準々決勝へ、古川工、東北などが2回戦へ駒を進めた。
 仙台商は石巻工を2−0で破った。古川工は石巻との延長戦を3−2で制した。東北は黒川を7−1で下した。
 16日は2回戦の残り7試合があり、8強が出そろう。雨の予報を考慮し、石巻市民球場で行われる3試合の開始時間はそれぞれ1時間繰り下げられる。

 ▽1回戦(仙台市民)
小牛田農林
000002000−2
000000010−1
宮城工

 【評】小牛田農林が逃げ切った。六回2死一、二塁、岸の右翼線三塁打で2点を先取。先発喜世が1失点完投し、リードを守った。宮城工は九回に先頭飛田の三塁打で同点機をつくったが、後が続かなかった。

 ○…宮城工・主戦田野、監督の父と再起誓う 宮城工の主戦田野にとって痛恨の一球となった。六回2死一、二塁、岸への初球が甘く入って右翼線を破られた。これが決勝点となり、「2アウトを取った後、気を引き締めようと思ったが」と肩を落とした。
 父の誠さんがこの秋、監督に就任。「やりづらいです」と照れ笑いするが、家でも話題の中心は野球だという。「強い気持ちで投げられる投手になりたい」。二人三脚で春を目指す。


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る