宮城のニュース

<秋季高校野球>角田 コールド勝ち

 秋季東北地区高校野球県大会第2日は15日、仙台市民球場などで1、2回戦8試合があり、仙台商が準々決勝へ、古川工、東北などが2回戦へ駒を進めた。
 仙台商は石巻工を2−0で破った。古川工は石巻との延長戦を3−2で制した。東北は黒川を7−1で下した。
 16日は2回戦の残り7試合があり、8強が出そろう。雨の予報を考慮し、石巻市民球場で行われる3試合の開始時間はそれぞれ1時間繰り下げられる。

 ▽1回戦(仙台市民)
角 田2002102−7
多賀城0000000−0
(七回コールドゲーム)

 【評】角田が序盤から試合を優位に進めた。一回、敵失と四球に足を絡め1死二、三塁とすると、安藤の適時打、森のスクイズで2点を先取。四回は佐藤の2点本塁打で差を広げた。多賀城は4安打と反撃できなかった。

 ○…角田・佐藤、投打に活躍 角田の佐藤が投打で勝利に貢献。四回、1死二塁から左翼席に運んで貴重な追加点を挙げた。練習試合を含めて高校初のアーチに「いい角度で上がって手応えはあった」と喜んだ。投げては先発のマウンドを託され、5回2安打無失点としっかり試合をつくった。「得意の真っすぐを低めに集められた。この調子を落とさず次に臨みたい」と、強力打線を誇る東北学院榴ケ岡との次戦を見据えた。


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る