宮城のニュース

<秋季高校野球>聖和学園 競り勝つ

 秋季東北地区高校野球県大会第2日は15日、仙台市民球場などで1、2回戦8試合があり、仙台商が準々決勝へ、古川工、東北などが2回戦へ駒を進めた。
 仙台商は石巻工を2−0で破った。古川工は石巻との延長戦を3−2で制した。東北は黒川を7−1で下した。
 16日は2回戦の残り7試合があり、8強が出そろう。雨の予報を考慮し、石巻市民球場で行われる3試合の開始時間はそれぞれ1時間繰り下げられる。

 ▽1回戦(石巻市民)
宮城農 000111000−3
聖和学園10101001×−4

 【評】聖和学園が競り勝った。3−3で迎えた八回無死二塁で庄司が左前適時打を放って勝ち越し。そのまま逃げ切った。宮城農は中盤に2度追い付いたが、七回以降は打線が無安打に終わってリードを奪えなかった。

 宮城農・松井主将(初戦突破ならず)「4番を任されたが走者をかえす打撃ができなかった。冬場には一振りで仕留める力を付けたい。捕手としても投手の持ち味をもっと引き出す配球を磨く」


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る