宮城のニュース

<秋季高校野球>松島 逃げ切る

 秋季東北地区高校野球県大会第2日は15日、仙台市民球場などで1、2回戦8試合があり、仙台商が準々決勝へ、古川工、東北などが2回戦へ駒を進めた。
 仙台商は石巻工を2−0で破った。古川工は石巻との延長戦を3−2で制した。東北は黒川を7−1で下した。
 16日は2回戦の残り7試合があり、8強が出そろう。雨の予報を考慮し、石巻市民球場で行われる3試合の開始時間はそれぞれ1時間繰り下げられる。

 ▽1回戦(楽天生命パーク)
松  島020000040−6
古川学園000010103−5

 【評】松島が終盤に試合を決めた。2−2の八回、三上の投手強襲の適時打で勝ち越すと、石垣の適時打、今出川の2点打と畳み掛けた。三上は7安打完投。古川学園は九回に1点差まで迫る粘りを見せたが及ばなかった。

 ○…松島の1年生エース完投 松島は1年生主戦の三上が136球で完投。直球にスライダーを織り交ぜながら、鋭くコースを突いて古川学園打線を7安打に抑えた。「絶対に抑えるという気持ちが前面に出せた」。言葉に自信がみなぎっていた。
 肝を冷やしたのは6−2の九回だ。ミス絡みで3点を奪われ「ピンチで頭が真っ白になった」。それでも気力を振り絞って反撃を振り切った。小原監督は「直球にスピードがあった。もっといい投手になる」と成長を期待した。


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る