宮城のニュース

<ツール・ド・東北2019>愛情込め魚介カレー 南三陸・神割崎

地元住民からカレーを受け取る参加者=15日午前11時10分ごろ、南三陸町の神割崎AS

 宮城県南三陸町戸倉の神割崎ASでは県漁協志津川支所戸倉女性部の約25人がタコやホヤを添えた手作りのシーフードカレーでライダーを後押し。気仙沼ワンウェイフォンドに参加した多賀城市の大学生木村達海さん(24)は「カレーのパワーでゴールまで頑張って走りたい」と話した。
 女性部の三浦幸子さん(67)は「カレーには地元のお母さんたちの愛情も入っている。ライダーからの『おいしかったよ』の言葉がうれしかった」と笑った。


2019年09月16日月曜日


先頭に戻る