宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台一が8強入り 雨で6試合17日に延期

松島―仙台一 7回裏仙台一1死三塁、山口が中前適時打を放ち、5―1とする=石巻市民

 秋季東北地区高校野球県大会第3日は16日、石巻市民球場で2回戦1試合があり、仙台一が準々決勝に進んだ。仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城などで予定されていた残り6試合は雨のため延期となった。
 仙台一は序盤から得点を重ね、松島を5−1で破った。
 17日は延期となった2回戦6試合が仙台市民、石巻市民両球場であり、8強が出そろう。

 ▽2回戦(石巻市民)
松 島010000000−1
仙台一11100110×−5

 【評】仙台一が快勝した。一回1死三塁、武藤の中犠飛で先制すると、その後も着実に加点した。投げては篠村が4安打1失点と好投。バックも堅守で援護した。松島は二回、大学の適時打で追い付いたが、三回以降は打線が振るわなかった。

 ○…山口、攻守で光る活躍 仙台一は二塁手山口が攻守で活躍した。3点リードの七回1死一塁、堀の二遊間ライナーをダイビングキャッチ。すかさず一塁に送り併殺に。「自分たちが持つ流れを渡したくなかった。飛び込んだら入った」と照れ笑い。
 その裏の攻撃は、1死三塁でスライダーを中前にはじき返し、ダメ押し点を挙げた。雨で開始時間が約40分遅れ、中断もあったが「チームの集中力は県内一だと思っている。これからも発揮していきたい」と勝利を自信に変えていた。

■17日の試合
 ▽2回戦(仙台市民)
柴田 ― 古川工 8時30分
大崎中央 ― 白石工 11時
仙台三 ― 東北 13時30分

 ▽同(石巻市民)
東北学院榴ケ岡 ― 角田 8時30分
小牛田農林 ― 仙台城南 11時
聖和学園 ― 仙台育英 13時30分


2019年09月17日火曜日


先頭に戻る