青森のニュース

個性的にはっけよい つがるでゆるキャラ相撲

土俵際で激しく競り合うゆるキャラ

 青森県内の自治体などのゆるキャラによる相撲大会が15日、つがる市のイオンモールつがる柏で開かれた。個性的でかわいらしい25体が真剣勝負を繰り広げ、親子連れでにぎわう会場を盛り上げた。
 トーナメント形式で激しくぶつかり合い、相手を土俵外に押し出すなどの迫力ある取組を披露。勢い余って頭のかぶり物が脱げるハプニングもあった。決勝は、つがる市の「つがーるちゃん」が十和田市の「ねばっち」に勝利し、2年連続の優勝に輝いた。
 観戦した青森市の小学2年丸山賢悟君(7)は「見たことがないゆるキャラがたくさんいた。頑張って相撲をする姿が楽しかった」と話した。
 イベントはつがる市民の有志でつくる実行委員会が主催した。募金を通じた東日本大震災の復興支援などを目的に2013年から毎年開催され、今回で7回目。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2019年09月17日火曜日


先頭に戻る