宮城のニュース

<秋季高校野球>学院榴ヶ岡、15安打快勝

 ▽2回戦(石巻市民)
東北学院榴ケ岡102002101−7
角田     001001000−2

 【評】東北学院榴ケ岡が15安打の猛攻で快勝。一回1死二塁、若生の中越え二塁打で先制。三回に小笠原の適時打、六回に吉田透の二塁打などで2点ずつ加えた。先発日ケ久保は7回2失点ながら自責点0と好投。角田は攻守に精彩を欠いた。
 東北学院榴ケ岡・日ケ久保投手(先発して7回2失点10奪三振の活躍)「低めを意識したスライダーが決まった。追加点を取ってもらった直後の六回は引き締めていこうと思う余り力が入り、ピンチを招いた」


2019年09月18日水曜日


先頭に戻る