宮城のニュース

<秋季高校野球>5回に4点 古川工逆転

 ▽2回戦(仙台市民)
柴 田000300001−4
古川工00004011×−6

 【評】古川工が逆転勝ち。五回、小関と岩崎の適時打で1点差に迫ると、板垣の左中間越え2点三塁打で勝ち越した。七、八回にも加点しリードを広げた。柴田は四回に3点を先取したが、五回以降は8残塁と好機を生かせなかった。
 柴田・横山主将(初戦で逆転負け)「小関投手の外角の直球を捉え切れず、追加点の好機を生かせなかった。来春は自分たちの力を100パーセント出せるように、技術的にも精神的にも成長したい」


2019年09月18日水曜日


先頭に戻る