宮城のニュース

仙台市プレミアム商品券 取扱店3702店を専用サイトで紹介

取扱店の店頭に掲示されるポスター

 仙台市や仙台商工会議所でつくる市プレミアム付商品券実行委員会は18日、インターネットの商品券専用サイトで、消費税率が10%となる10月1日以降、商品券が利用できる市内の「取扱店」の掲載を始めた。
 市によると、取扱店は17日時点で3702店。専用サイトに「商品券を使えるお店」のページを追加し、店舗名や所在区、住所、業種を入力すれば、条件に合致する店を検索できる。
 取扱店は12月20日まで募集する。店頭に取扱店のポスターやステッカーを掲示してもらう。8月15日までに応募した2370店を紹介するタブロイド判のチラシも作製中で、今月末から市内の郵便局で配布する。
 商品券は10月1日〜来年2月29日、市内126の郵便局(新仙台郵便局、簡易局を除く)で販売し、3月31日まで使用できる。額面500円が10枚つづりで販売価格は1冊4000円。1人5冊(額面計2万5000円)まで購入できる。
 販売対象は子育て世帯や住民税非課税の低所得者で、市内には延べ約22万7000人いるという。市は今月下旬から11月下旬にかけて、対象となる世帯に購入引換券を発送する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月19日木曜日


先頭に戻る