宮城のニュース

部屋で花火ネット生配信 仙台北署、容疑の男性書類送検

 室内で花火をしたとして、仙台北署は18日、軽犯罪法違反(火気乱用)の疑いで、東京都江戸川区、建築業の男性(37)を書類送検した。男性はインターネットで様子をライブ配信しており、同署によると「視聴者を盛り上げる動画を配信したかった」と話しているという。
 送検容疑は5月15日午前2時45分ごろ、仙台市青葉区の知人女性のアパートの部屋でライターで手持ち花火1本に火を付けた疑い。テーブルの一部が焦げるなどしたという。同署によると部屋から煙が上がったため目撃者が通報し、消防車が駆け付ける騒ぎとなった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月19日木曜日


先頭に戻る