宮城のニュース

<楽天>2連勝、ソフトバンクに6−2 勝率5割に復帰 藤田が勝ち越し打

藤田一也選手

 東北楽天は六回に藤田の右前適時打などで勝ち越し、2連勝。勝率を5割に戻した。
 2−2のこの回、無死一、二塁から藤田の勝ち越し打などで3点を挙げ突き放した。5−2の七回にも渡辺佳の左前適時打で加点した。先発美馬は5回2失点(自責点1)で8勝目。2−0の一回にグラシアルの適時打などで追い付かれたが、二回以降は立ち直った。
 ソフトバンクは3連敗。先発高橋礼が六回途中5失点で5敗目。

 ソフトバンク−東北楽天24回戦(ソフトバンク13勝11敗、18時00分、ヤフオクドーム、38,068人)
東北楽天  200003100−6
ソフトバンク200000000−2
▽勝 美馬24試合8勝5敗
▽敗 高橋礼21試合11勝5敗

☆イヌワシろっかーるーむ

島内宏明外野手(六回2死一、三塁からの中前適時打を含む3安打の活躍) 「(六回は打席に入る前に左腕嘉弥真が登板し)下水流さんに代えられるかと思った。1番は2番よりもあれこれ考えることが少ないので、投手により集中できる」

オコエ瑠偉外野手(九回に中前へ、9日の1軍復帰後初安打を放つ) 「配球を読んで打った。この時期は、個人の成績は関係ない。チームの勝利のために走塁も守備も頑張りたい」


2019年09月19日木曜日


先頭に戻る