岩手のニュース

100種類超ずらり 防災用品専門店開店 岩手・矢巾の運送会社が運営

100種類以上の防災用品が並ぶ店内

 岩手県矢巾町に100種以上の防災用品を扱う専門店「ライノ」が開店した。運営する同町の運送会社「新和」の工藤政樹社長は「災害の種類に応じて商品を提案したい」とPRする。
 「災害発生から3日間を生き延びる」をテーマにしたオリジナル防災バッグも商品化。水だけで発電する電池や救護セットを詰め合わせた。
 工藤社長は東日本大震災当時、岩手県陸前高田市や岩手県大槌町に衣料品や日用品を輸送する業務を担った。届けるたびに行列ができ、備えの重要性を痛感したという。
 売り上げは発電機など災害支援用備品の購入に充てる。工藤社長は「災害のためだけに用品をそろえるのが難しい。非常時だけでなくレジャーで使えるグッズも多いので、一度見に来てほしい」と語る。
 連絡先はライノ019(618)3270。


2019年09月19日木曜日


先頭に戻る