宮城のニュース

防災マップ作ったよ 仙台・根白石小住民と地域点検 むすび塾

庄司さん(右手前)の話を聞きながら、馬橋から七北田川を眺める根白石小の児童

 河北新報社は19日、通算93回目の防災・減災ワークショップ「むすび塾」を仙台市泉区の根白石小学校区で開いた。2年生20人が2015年9月の宮城豪雨で損壊した馬橋や土砂災害、クマ出没が警戒される場所などを点検。住民から学んだ成果を反映する「防災マップ」作りにも挑んだ。
 児童は(1)土砂災害(2)豪雨水害(3)動物被害(4)交通事故−の4班に分かれ学校を出発。住民と共に学区内を歩きながら、地震発生時に倒れそうな塀や、災害時につながりやすい公衆電話の位置などを確認した。
 七北田川に架かる馬橋では近くの商店経営高橋長也さん(72)が講師を務め、「15年の豪雨では馬橋から道路に水があふれ、膝の高さまで上がった」と紹介。避難所に指定されている根白石中武道場付近では地区町内会長の庄司一史さん(81)が「大雨になると雨水が川のように流れて危険な場合がある。早めの避難を」と呼び掛けた。
 防災マップ作りでは、住民の話を踏まえ、テーマごとに4枚の地図を完成させた。児童たちはカラーペンや付箋などを使い、「雨の時は川や用水路には近づかない」「クマやイノシシは茂みにいるかもしれない」などと地図に記した。
 今回のむすび塾は、日本損害保険協会(東京)の安全教育プログラム「ぼうさい探検隊」を基に開催し、同協会との連携は6回目。東北福祉大の学生ボランティアや泉かむりの里観光協会(仙台市泉区)も運営に協力した。(詳報を10月11日付朝刊で紹介します)


2019年09月20日金曜日


先頭に戻る