宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台商コールド 4強決定21日に準決勝

 秋季東北地区高校野球県大会第5日は19日、仙台市民、石巻市民両球場で準々決勝4試合があり、古川工、仙台商、仙台城南、仙台育英が準決勝に進んだ。
 古川工は仙台一に5−4の逆転勝ち。仙台商は東北学院榴ケ岡に10−2と快勝した。仙台城南は終盤の集中打で白石工を5−3で破った。仙台育英は東北に9−7でサヨナラ勝ちした。
 20日は休養日のため試合はなく、21日は仙台市民球場で準決勝2試合がある。雨の予報を考慮し、開始時間を1時間繰り上げる。

 ▽準々決勝(石巻市民)
東北学院榴ケ岡
   1000100−2
   000136×−10
仙  台  商
(七回コールドゲーム)

 【評】仙台商がコールド勝ち。1−2の五回、渡の右中間2点三塁打と高田のスクイズで逆転。六回は長打3本を含む6安打を集め一挙6点を奪い、試合を決めた。先発斎は7回2失点と好投。東北学院榴ケ岡は先発日ケ久保が中盤につかまった。

 ○…打線つながり19年ぶり東北大会出場に王手 仙台商は中盤に打線がつながった。低めの変化球を振らされた序盤の反省を生かし、狙うゾーンを上げて好投手日ケ久保を攻略。下原監督は「割り切って振ったことで、球運が来てくれた」とうなずいた。
 1−2の五回1死一、二塁、渡が右中間を破って試合をひっくり返した。最初の打席で三振に打ち取られたチェンジアップに的を絞って、捉えた。「三振を取りにくる球に絞った方が気が楽」。開き直りが奏功した一打だった。
 9安打10得点と効率よく攻め、スクイズも二つ決めた。「秋は基本が大事」と下原監督。手堅さを武器に、19年ぶりの秋の東北大会出場に王手をかけた。


2019年09月20日金曜日


先頭に戻る