宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台城南が逆転 4強決定21日に準決勝

 秋季東北地区高校野球県大会第5日は19日、仙台市民、石巻市民両球場で準々決勝4試合があり、古川工、仙台商、仙台城南、仙台育英が準決勝に進んだ。
 古川工は仙台一に5−4の逆転勝ち。仙台商は東北学院榴ケ岡に10−2と快勝した。仙台城南は終盤の集中打で白石工を5−3で破った。仙台育英は東北に9−7でサヨナラ勝ちした。
 20日は休養日のため試合はなく、21日は仙台市民球場で準決勝2試合がある。雨の予報を考慮し、開始時間を1時間繰り上げる。

 ▽準々決勝(仙台市民)
白石工 002000001−3
仙台城南10000040×−5

 【評】仙台城南が七回に4点を奪って逆転した。2死二塁から鈴木の適時三塁打で追い付くと、高橋陸の左前適時打で勝ち越し。松本、山崎も続いて突き放した。投げては2番手伊藤がリードを守った。白石工は16残塁と好機を生かせなかった。

 ○…2番手の1年生伊藤、好救援 仙台城南の1年生右腕伊藤が流れを変えた。逆転を喫した三回途中からマウンドに上がると、八回までゼロに抑えて味方の反撃を呼び込んだ。「準備してきたことが出せた」と胸をなで下ろしていた。
 見事だったのは九回だ。1点を返されて、なおも2死満塁のピンチ。長打を浴びれば逆転の場面だったが、1番佐藤聖を簡単に追い込むと、最後は落ちる変化球で空振り三振に。「狙い通りの組み立てだった」と納得の表情だった。
 初の東北大会出場まであと一つ。「チーム一丸となって戦う」と伊藤。夏の王者仙台育英に挑む。


2019年09月20日金曜日


先頭に戻る