宮城のニュース

<秋季高校野球>古川工競り勝つ 4強決定21日に準決勝

古川工―仙台一 9回表古川工2死二塁、岩崎の適時二塁打で二走小関(左)が生還、5―4と勝ち越す

 秋季東北地区高校野球県大会第5日は19日、仙台市民、石巻市民両球場で準々決勝4試合があり、古川工、仙台商、仙台城南、仙台育英が準決勝に進んだ。
 古川工は仙台一に5−4の逆転勝ち。仙台商は東北学院榴ケ岡に10−2と快勝した。仙台城南は終盤の集中打で白石工を5−3で破った。仙台育英は東北に9−7でサヨナラ勝ちした。
 20日は休養日のため試合はなく、21日は仙台市民球場で準決勝2試合がある。雨の予報を考慮し、開始時間を1時間繰り上げる。

 ▽準々決勝(仙台市民)
古川工001010003−5
仙台一000011200−4

 【評】古川工が逆転勝ち。2点を追う九回、佐藤葵、小関の適時打で追い付き、なおも2死二塁から岩崎が左前に運んで勝ち越した。仙台一は七回に2点を勝ち越したが、逃げ切れなかった。

 ○…岩崎、運を味方に勝ち越し打 古川工の岩崎が運を味方にして勝ち越し二塁打を決めた。九回2死二塁、1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、内角の直球に詰まらされたが、打球は遊撃手と左翼手の間にぽとり。「打ち取られたと思った。運が良かった」と控えめに喜んだ。
 今大会は3戦とも逆転勝ち。「点を取られてからの集中力と諦めない気持ちが強い」(岩崎)ことが粘りの秘密だ。大内監督は「いつチームにスイッチが入るのか、つかみどころがない」と苦笑いしながらも「それが不安でもあり楽しみでもある」。準決勝も選手たちの底力に期待している。

 仙台一・奥山投手(2番手で登板)「最初のうちは球威で押せていたが、浮いた球を捉えられてしまった。春に向けて体をつくり、しっかり抑えられる投球に仕上げたい」


2019年09月20日金曜日


先頭に戻る