広域のニュース

無罪判決に傍聴席から「うそだっ」 東電旧経営陣は表情変えず

証言台の前に立ち判決を聞く(左から)勝俣元会長、武黒元副社長、武藤元副社長(イラストと構成・勝山展年)

 東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡り、東京地裁が東電旧経営陣の3人に無罪を言い渡した19日、法廷の傍聴席からは驚きの声が響き、被告らは硬い表情で判決を聞いた。世界に類を見ない被害を招き、住民の当たり前の暮らしを破壊した原発事故は防ぐことができなかったのか。多くの死傷者を出した責任は問われず、被災地の住民は「残念だ」とうなだれた。

 福島第1原発事故の刑事責任の有無を巡る初の判決。勝俣恒久元会長(79)ら東電旧経営陣の3人はいずれもスーツ姿で、一礼して法廷に足を踏み入れた。
 「うそだっ」。主文の読み上げが始まると、満員の傍聴席から叫び声が上がった。傍聴人の視線がおのずと勝俣元会長、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)に集まる。しかし3人は表情を変えず、真っすぐ前を見詰めた。
 午後1時15分に始まった判決読み上げは休廷を挟み、3時間強の長丁場となった。武黒、武藤両元副社長がしきりにメモを取ったり資料に目を通したりするのとは対照的に、勝俣元会長は裁判長に顔を向けて判決理由に耳を傾ける時間がほとんどだった。
 「間違ってる、こんな判断」。閉廷後も怒りが渦巻く傍聴席に、3人は一度も目をくれることなく足早に法廷を後にした。

■「原子力行政」を忖度
 石田省三郎指定弁護士は19日、東電旧経営陣に対する無罪判決について「国の原子力行政を忖度(そんたく)した」と指摘。「原発に絶対的な安全性までは求められていないと判断したのはあり得ない」と話した。
 「有罪に持ち込めるだけの論証をした」とした石田氏は「万が一にも事故は起きてはならないという発想があれば、このような判決にはならなかった」と語った。

■迷惑掛け申し訳ない
 東電旧経営陣3人は19日の無罪判決後、「事故により多大な迷惑を掛けて申し訳ない」とするコメントを出した。
 勝俣恒久元会長は「東電の社長・会長を務めていた者として改めておわびする」と謝罪。武黒一郎元副社長は「事故で亡くなった方々や負傷した方々にお悔やみとお見舞いを申し上げる」、武藤栄元副社長は「当時の東電役員として改めて深くおわびする」とした。


2019年09月20日金曜日


先頭に戻る