宮城のニュース

佐沼亘理家初代宗根、政宗の実子か 裏付ける書状初めて発見 登米市歴史博物館できょうから展示

宗根に宛てた政宗の書状。和歌の後に日付と花押、最後に「了庵二番ノ子」と書かれている

 藩制時代に登米市内を治めた仙台藩家臣佐沼亘理家の初代亘理宗根(むねもと)(1600〜69年)が、藩主伊達政宗(1567〜1636年)の実子であることをうかがわせる書状が登米市歴史博物館で見つかった。2人には親子関係があると言い伝えられてきたが、裏付ける史料が発見されたのは初めて。同館は21日から開く企画展でこの書状を展示する。
 佐沼亘理家は宗根時代に高清水(栗原市)を拝領。江戸中期に5代目が佐沼(登米市迫町)に移り、5000石の領主として明治維新まで代々治めた。
 宗根は大坂夏の陣で武功を挙げ、藩の奉行や江戸番頭も務めた。系図上は政宗の重臣、茂庭綱元(1549〜1640年)と側室の種(1577〜1640年)の子とされているが、実際は政宗が産ませた子で、綱元が養父として育てたという説が唱えられてきた。
 発見された文書は政宗が仙台屋敷にいた宗根に宛てた自筆の書状(作成年不詳)。2人は翌朝に会う約束があったものの「政宗の気分が優れないため夜に延期してほしい」とする内容で、この中に<しらじらと しらけたるかな 月影に 雪かき分けて 梅のはな折る>という和歌があり、宛て先には「了庵二番ノ子」と書かれていた。
 政宗研究者で元仙台市博物館長の佐藤憲一さんによると、「了庵」とは綱元の出家後の名で、背景を読み解くとこの表記は「種との2番目の子ども」という意味になり、和歌は「本当は自分の子どもであるのに、知らないふりをして(手紙を)書くのは白々しい(興ざめだ)なあ」と解釈できるという。
 佐藤さんは「書状に書かれた字や花押は政宗の自筆に間違いない。筆が乱れていることからおそらく酒に酔って書いたのではないか」と推測。「2人の間柄をユーモアあふれる文面で記した内容で、政宗の父親としての愛情が感じられる。親子関係は確定的だと言っていい」と話している。
 この書状を含めた資料65点を展示する企画展「亘理宗根没後350年記念 伊達政宗のこどもたち」は、21日〜11月17日に開かれる。午前9時〜午後4時半。月曜(祝日の場合は翌日)休館。入館無料。
 9月29日午前11時から同館で学芸員による展示解説がある。10月13日午後1時半から同市中田農村環境改善センターで、佐藤さんの歴史講演会(要申し込み)がある。連絡先は同館0220(21)5411。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月21日土曜日


先頭に戻る