宮城のニュース

いじめ情報生徒へ流出 仙台市立中、内部資料を裏紙に

いじめ事案の個人情報流出を陳謝する仙台市教委の担当者

 仙台市教委は20日、宮城野区の市立中で今月6日、いじめの被害生徒、加害生徒の氏名や事案内容などが書かれた内部資料を生徒1人に誤って配布し、個人情報が流出したと発表した。複数の教諭が市教委の指針違反と知りながら、資料の裏面を漢字テストの模範解答の印刷に再利用した。
 市教委によると、内部資料は「平成30年度いじめ事案集計表」。2018年度に同校の1年生であったいじめ事案6件の被害生徒6人、加害生徒17人の氏名や性別、欠席日数、指導の経過、「解決した」などの対応結果が記載されていた。
 事案内容は6件とも「嫌がらせを受けた」との表現で、具体的な行為は記していなかった。情報流出による二次被害は現時点では確認されていないという。
 模範解答のプリントを受け取った2年生の保護者が、13日に学校に連絡して発覚した。学校は配布したプリント81枚のうち、生徒が破棄した9枚を除く全部を回収。いずれも何らかの文書の裏面に印刷されていたが、内部資料の裏面を使ったのは1枚だけだった。
 学校は内部資料に記載された生徒23人と保護者に経緯を説明し、謝罪した。20日に記者会見した市教委の杉山勝真(かつなお)学校教育部長は「改めて学校現場での個人情報の適切な取り扱いと管理の徹底を図る」と陳謝した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月21日土曜日


先頭に戻る