宮城のニュース

<楽天>松井サヨナラ被弾 西武と残り4戦「やり返せる」

西武・メヒアにサヨナラ2ランを浴び、引き揚げる東北楽天・松井

 衝撃的な幕切れだった。東北楽天の松井が3−3の九回1死一塁、代打メヒアに左越え2ランを浴びてサヨナラ負け。「しょうがないですね」。絶対的守護神に命運を託した平石監督は悔しさをのみ込んだ。
 1ボール2ストライクと追い込んでからの4球目。148キロの高め直球を豪快に振り抜かれた。「持っている球種で優先順位の高いもので常に勝負している」。自信を持って投じたボールだっただけに「実力がなかっただけ」と力なくつぶやいた。
 今季、メヒアには分が悪い。4度対戦し、2本の本塁打を許していた。細心の注意を払わないといけない代打の切り札。「抑えないといけなかった」と振り返った。
 ただ、落ち込んでばかりもいられない。西武とは4試合を残しており、メヒアと再び対戦する場面もありそうだ。「やり返せる。チームの力になりたい」。左腕は気持ちを切り替えた。
 クライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位ロッテもオリックスに敗れ、順位は3位のまま。だが、勝てばゲーム差を1.5に広げられる大きなチャンスだった。残り5試合。1試合1試合が勝負となる。
(伊藤卓哉)


2019年09月21日土曜日


先頭に戻る