宮城のニュース

<楽天>西武に3−5 連勝止まる

 東北楽天は3−3の九回に松井がメヒアに2ランを許してサヨナラ負け。連勝は3でストップした。
 約2カ月半ぶりに登板した先発塩見は四回まで無安打の好投を見せたが、六回、森に2点打を浴びて降板。2番手宋家豪も内野ゴロの間に1点を失うなど、投手陣が踏ん張れなかった。
 打線は0−3の七回、銀次、辰己の適時打などで追い付いたが、抑えの松井が捕まったのが誤算だった。
 西武は3連勝。マジックを4とした。

西武−東北楽天21回戦(東北楽天11勝10敗、18時00分、メットライフドーム、27,982人)   
東北楽天000000300 −3
西武  00000300×2−5 
▽勝 増田63試合4勝1敗29S 
▽敗 松井66試合2勝8敗36S 
▽本塁打 メヒア6号(2)(松井)

☆熱血平石語録

 ファインプレー 「辰己はこれまでもいろいろないいプレーを見せてくれた。今日のは難しい当たり。誰でもできるような守備ではない」(六回2死満塁、栗山の中越えと思われた打球を辰己が捕球)


2019年09月21日土曜日


先頭に戻る