宮城のニュース

仙台の中学生ら80人がパラスポーツ体験 野口みずきさんもゲストで参加

野口さん(右から2人目)と車いすバスケットボールを体験する参加者

 パラスポーツを体験する「パラリング サポ育in仙台」(リクルート主催)が21日、仙台市太白区の東北工業大八木山キャンパス体育館であり、市内の中学生や家族約80人が参加した。アテネ五輪マラソン金メダリストの野口みずきさんがゲストで加わった。
 ボッチャ、車いすバスケットボール、アイマスクを着けて伴走者と走る「ブラインドランニング」の3種目を体験した。車いすバスケ初挑戦の野口さんは「ボールに追い付くのが想像以上に大変だけど面白い」と楽しんでいた。
 1チーム3人で対戦する車いすバスケの「スリーオンスリー」の実演もあり、リクルート所属の村上慶太選手らが機敏な動きを披露した。車いす同士が激しくぶつかり合う迫力のゲームに中学生たちは驚いた様子だった。


2019年09月22日日曜日


先頭に戻る