宮城のニュース

<B2仙台>白戸、15得点にも反省「判断が悪かった」

白戸大聖選手

 仙台の白戸が第4クオーター残り20秒でのプレーを悔やんだ。77−78からの速攻でパスを受け、3点シュートを選択したが外れた。「ダニー(ミラー)が走り込んでいるのが見えた。外れても拾ってもらえると思って打ったが、判断が悪かった」と唇をかんだ。
 4本の3点シュートを沈めて15得点し、守備でも前線から激しく当たった。成長を感じさせるプレーで存在感を発揮したが、勝利につながらず最後まで表情は硬かった。


2019年09月22日日曜日


先頭に戻る