宮城のニュース

<楽天>西武に逆転勝ち 4位ロッテとのゲーム差1.5に

 東北楽天は逆転勝ちで4位ロッテとのゲーム差を1.5に広げた。
 0−1の八回、代打藤田が右越えに同点ソロ。さらに1死満塁からブラッシュの押し出し死球、銀次の適時打などで5点を加えた。4カ月ぶりの登板となった先発福井は3回1安打無失点。5番手森原が4勝目を挙げた。
 西武は4連勝を逃したが、2位ソフトバンクが敗れ優勝へのマジックは3に減った。

 東北楽天−西武22回戦(東北楽天12勝10敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、27,023人)
西  武000000100−1
東北楽天00000006×−6
▽勝 森原62試合4勝2敗
▽敗 平井79試合5勝4敗
▽本塁打 藤田2号(1)(平井)

☆イヌワシろっかーるーむ

 銀次内野手(八回に中前適時打) 「いいヒットだった。とにかくコンパクトに振るだけと思った。みんなの負けられない気持ちが逆転につながった」

 辰己涼介外野手(藤田の同点ソロ直後に中前打で続き、勝ち越しのきっかけをつくる) 「(藤田の一発で)間違いなく勇気をもらったので、どうにかして出塁したいと打席に入った。タイムリーに相当する働きができたと思う」


2019年09月22日日曜日


先頭に戻る