宮城のニュース

<楽天>石橋8勝目 「援護してもらい感謝」

8回途中5失点で8勝目を挙げた東北楽天先発の石橋

 東北楽天の先発石橋が7回2/3を投げ5点を失ったものの、8勝目を手にした。「攻める場面でしっかりと攻められた。野手に援護してもらい感謝している」と語った。
 一回に森に先制ソロを浴びるなど立ち上がりに失点した。しかし三回から持ち味を発揮し始めた。カットボールと右打者の内角に食い込んでいくシュートの横の揺さぶりに加え、この日はフォークボールもさえた。三〜七回は西武打線をわずか2安打に抑えた。
 七回まで92球だったため八回も続投したが、2死一塁から中村の2ラン、外崎(富士大出)のソロと連続本塁打を許して降板。それでも平石監督は「最後はへばった感じだったが、大事な試合で力を出してくれた。今季成長した1人だ」と粘投をねぎらった。


2019年09月23日月曜日


先頭に戻る