宮城のニュース

大型トラックから落下物、三陸道一時通行止め

 23日午後3時20分ごろ、登米市の三陸沿岸道鴇波トンネル内の下り線で、大型トラックの積み荷の街路灯用支柱2本が落下した。支柱は長さ約12メートルで、除去作業のため、桃生津山インターチェンジ(IC)−登米IC間の上下線が約55分、通行止めとなった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月24日火曜日


先頭に戻る