宮城のニュース

新潟・庄内へ誘客 キャンペーンプレイベント、仙台で29日まで開催

プレイベントで披露された鬼太鼓

 大型観光キャンペーン「新潟・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」(10月1日〜12月31日)を支援するプレイベントが25日、仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで始まった。29日まで。
 DCの機運を高め、交流人口拡大につなげようと、東北電新潟・山形両支店が主催。特産品コーナーを設け、新米の魚沼産コシヒカリや庄内の地酒、菓子など約250品目を販売する。
 会場では無病息災を祈願する「鬼太鼓」(新潟県佐渡市)が25日披露されたほか、28日に「佐渡おけさ」(同)、29日に国重要無形民俗文化財「杉沢比山」(山形県遊佐町)といった伝統芸能を上演。DCのガイドブックも紹介する。
 午前10時〜午後6時(29日は午後4時)。


関連ページ: 宮城 経済

2019年09月25日水曜日


先頭に戻る