宮城のニュース

<楽天>ソフトバンク破り、2季ぶりCS進出

東北楽天―ソフトバンク 6回に逆転2ランを放ち、ベンチ前でナインと喜ぶ東北楽天のウィーラー(写真部・川村公俊撮影)

 プロ野球東北楽天は24日、2季ぶりにクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。
 パ・リーグ3位の東北楽天は同日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城でソフトバンクと対戦し、4−2で勝った。0−1の六回にウィーラー内野手の2ランで逆転すると、七回には浅村栄斗内野手の適時二塁打などでリードを広げた。リーグ4位のロッテが西武に敗れたため、東北楽天の3位が確定した。
 東北楽天の平石洋介監督は「選手がよくやってくれた。(CSでは)こちらが挑戦者。思い切ってぶつかっていく」と話した。
 東北楽天のCS進出はリーグ2位となった2009年、リーグ優勝し日本一にも輝いた13年、リーグ3位だった17年に続き4度目。CSファーストステージ(3試合制)は10月5日に始まり、リーグ2位のソフトバンクとビジターで戦う。


2019年09月25日水曜日


先頭に戻る