宮城のニュース

<楽天>育成の王彦程投手「必要な選手になりたい」 仙台で入団会見

入団会見でガッツポーズする王彦程
入団会見で石井GM(左)に帽子をかぶせてもらう王彦程=楽天生命パーク宮城
入団会見で石井GM(左)と握手する王彦程=楽天生命パーク宮城

 東北楽天が育成契約を結んだU18(18歳以下)台湾代表の王彦程投手(18)=ワン・イェンチェン、180センチ、82キロ、左投げ左打ち、台湾・穀保家商高=の入団会見が24日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。背番号は017。
 伸びのある直球が武器で、変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールを投げる。目標は同じ台湾出身でチームメートになる宋家豪投手。「自分にとってヒーローのような存在。チームに欠かせない選手になりたい」と話した。
 石井ゼネラルマネジャーは「異国の地で不安はあると思うが全力でサポートする。宋家豪みたいに活躍してほしい」と期待した。


2019年09月25日水曜日


先頭に戻る