宮城のニュース

<楽天>平石監督「選手がよくやってくれた」

ソフトバンクに逆転勝ちし、笑顔で選手を迎える平石監督

 東北楽天は24日のソフトバンク戦に勝利しリーグ3位を決めた。チームを2季ぶりのAクラスに導いた平石監督がCSに向けて意気込みなどを語った。

 −CS進出が決まった。

 「本当は一番上を目指して戦っていたが、目標を3位に切り替えて何とか食い込みたいと思っていた。選手がよくやってくれた」

 −今季を振り返って。

 「序盤はできすぎた。故障者がいて苦しい中、想像したよりも投打がかみ合い、勝ちに結び付けることができる試合が多かった。そのまま行くとも思っていなかったが、何とか踏みとどまってやってこられた」

 −シーズン終盤は厳しい戦いが続いた。

 「しびれる場面が多く、特に若い選手はいろんな意味で今後につながる経験ができたと思う」

 −26日がレギュラーシーズン最終戦となる。

 「ホームでの試合は最後なので、ファンの皆さんにしっかりとした姿を見せられるようにやりたい」
 「本当は(2位になって)CSを楽天生命パークでやりたかった。それが実現できなかったので、CSを勝ち抜いて、日本シリーズで仙台に戻ってこられるように頑張りたい」


2019年09月25日水曜日


先頭に戻る