福島のニュース

福島県庁の玄関ガラス割られる 何者かが侵入か

割れたガラスが散乱する福島県庁の正面玄関=24日午前10時40分ごろ

 23日午後10時40分ごろ、福島県庁本庁舎で、東玄関のガラス2枚が割れているのを巡回中の警備員が発見した。24日午前1時50分ごろには、正面玄関のガラス1枚が割れているのも見つけた。福島署が建造物侵入事件として調べている。
 県施設管理課によると、数時間前の巡回で異常はなかった。正面玄関の周辺には、ガラスを割るのに使われたとみられる複数本の傘が落ちていた。警備員から連絡を受けた同課は24日午前8時半ごろ、警察に通報した。
 福島署によると、ガラスは東玄関が外側から、正面玄関は内側から割られたとみられ、何者かが庁舎に入った可能性があるという。
 内堀雅雄知事は24日の定例記者会見で「異例の事態であり、危機意識を持って対応したい」と述べた。


関連ページ: 福島 社会

2019年09月25日水曜日


先頭に戻る