山形のニュース

「冒険学校」で最後の稲刈り 山形・大蔵 大場満郎さん20年に感謝

子どもたちと一緒に稲の束をくいに掛ける大場さん(左)

 山形県最上町在住の冒険家大場満郎さん(66)が代表を務める「アースアカデミー冒険学校」の稲刈り体験が25日、同県大蔵村の棚田で行われた。冒険学校の米作りは20年目の今年で最後となり、地元の親子連れらが感慨深げに手作業で稲を刈り取った。
 参加したのは村の保育園児と保護者ら約30人。5月に苗を植えた農業佐藤勝さん(72)方の5.7アールの田んぼで、黄金色に実ったうるち米「里のゆき」を収穫した。大場さんと保護者らが稲を刈り、子どもたちは稲の束をくいに掛けて干す作業を手伝った。
 冒険学校の米作りは、子どもたちの生きる力を育もうと、大場さんが旧知の佐藤さんの協力を得て無農薬栽培で始めた。しかし、少子化の影響で参加者が年々少なくなってきたことから今年で終了するという。
 大場さんは「地域の人々の支えで20年続けられた。多くの子どもたちが自然の恵みの大切さを学んでくれたと思う。大きくなっても古里に愛着を持って生きてほしい」と話した。
 収穫感謝祭は10月25日に最上町の冒険学校で行われる。


関連ページ: 山形 社会

2019年09月26日木曜日


先頭に戻る