山形のニュース

山形大新学長に玉手英利氏を選出

玉手英利氏

 山形大は25日、学長選考会議を開き、小山清人学長の任期満了に伴う次期学長に、小白川キャンパス長の玉手英利教授(64)を選出した。任期は来年4月1日から6年。
 玉手氏は「令和がどのような時代になろうとも、大学の使命は変わらない。これからも未来を担う若者を地域社会の皆さまと一緒になって育てていきたい」と抱負を語った。
 玉手氏は仙台市出身で、東北大大学院理学研究科修了。山形大理学部長などを経て2016年10月から小白川キャンパス長。専門は生物学。


関連ページ: 山形 社会

2019年09月26日木曜日


先頭に戻る