宮城のニュース

気仙沼線BRT 11月ルート変更しダイヤ改正

 JR東日本仙台支社などは26日、JR気仙沼線のバス高速輸送システム(BRT)の専用道の延伸と再開に伴い、11月1日から運行ルートのうち陸前港(南三陸町)−本吉(気仙沼市)間を専用道経由に変更し、ダイヤを改正すると発表した。
 専用道の延伸区間は4.0キロ、再開区間は2.9キロ。一般道にあった陸前港、蔵内(気仙沼市)、陸前小泉(同)の各駅を専用道上に移設する。現在地からの距離は最大約220メートル。
 柳津(登米市)−気仙沼(気仙沼市)間55.3キロのうち42.7キロが専用道経由となり、専用道比率は約77%となる。所要時間は最速106分と3分短縮。運行本数に変更はない。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月27日金曜日


先頭に戻る