宮城のニュース

<楽天>西武に7−1大勝締め 辰己の先制打から着々加点

 東北楽天は投打で圧倒しレギュラーシーズン最終戦を白星で締めくくった。
 先発則本昂は5回1安打無失点の好投で5勝目。九回は今季初登板の4番手由規が無得点に抑えた。打線は一回、辰己の適時二塁打、浅村の2ランで3点を先取した。四回は足立の左越えソロ、五回は渡辺佳の犠飛で加点。七回は下水流の適時打、八回にはオコエの適時二塁打で突き放した。
 西武は打線が3安打に抑え込まれた。

東北楽天−西武25回戦(東北楽天14勝11敗、18時01分、楽天生命パーク宮城、26,822人)
西  武000000010−1
東北楽天30011011×−7
▽勝 則本昂12試合5勝5敗
▽敗 松本航16試合7勝4敗
▽本塁打 浅村33号(2)(松本航)足立2号(1)(松本航)佐藤2号(1)(弓削)


2019年09月27日金曜日


先頭に戻る