宮城のニュース

大和町長選あす投票 現新2氏の一騎打ち

 任期満了に伴う大和町長選は29日投票が行われ、即日開票される。立候補しているのは、ともに無所属で、6選を目指す現職の浅野元氏(65)と新人で元町議の浅野俊彦氏(49)。企業進出に伴い人口、税収増が続く町の将来像や町内地域間格差の解消策などを巡り、両氏の訴えが熱を帯びる。
 元氏は企業誘致や財政健全化を推進した成果に人口、出生率の増加などを挙げ「町が元気になった」と強調。図書館機能を含む多目的施設の整備や農業、観光振興を掲げ「発展の可能性を広げたい」と訴える。
 俊彦氏は「現町政にはビジョンが見えない」と批判。行動力を前面に「町民の声が届く町政を進める」とアピールし、市街化調整区域の見直しや循環バスの運行、自動車博物館の誘致実現などへの決意を示す。
 投票は29日午前7時〜午後7時に町内15カ所で実施(難波生活改善センターのみ午後6時まで)。開票は午後8時に町役場で始まり、午後9時半ごろの終了を見込む。23日現在の有権者は2万3140人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年09月28日土曜日


先頭に戻る