宮城のニュース

仙台銀 就業時間内は禁煙 全行員対象 外回り中も

 仙台銀行は27日、全行員が対象の「就業時間内禁煙」を10月1日から実施すると発表した。昼の休憩時間や就業時間前後を除き、敷地外を含むあらゆる場所で禁煙とし、行員の健康増進を目指す。
 就業時間内は同行敷地内に加え外出先、出張先、移動中の営業車内も喫煙を禁止する。加熱式たばこも対象。仙台市青葉区の本店ビルに入居するグループ企業にも協力を呼び掛ける。
 同行は2014年1月、全支店敷地内と本店ビル建物内を全面禁煙とした。当時は喫煙者260人を200人に減らす目標を掲げ、既に達成したという。今回は数値目標は設けない。
 本店ビル外にある喫煙所や外出先で喫煙する行員は相当数いるとみられ、同行人事課の担当者は「受動喫煙対策を強化する世の中の流れがある。行員の意識頼みにはなるが、全行を挙げて取り組みを一歩前に進めたい」と説明した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年09月28日土曜日


先頭に戻る