広域のニュース

企業情報 検索しやすく 若者向けサイトをリニューアル 東北活性研・東経連

情報発信機能を強化した新サイト

 東北活性化研究センターと東北経済連合会は、東北6県と新潟県の優良企業の情報を若者向けに発信するサイトをリニューアルした。若者がより親しみやすいようにデザインやロゴを変え、企業情報や検索機能をさらに充実させた。会員制交流サイト(SNS)による情報発信も活用する。

 サイトは「ここで働きたい!東北・新潟のキラ☆(ぼし)企業」。売上高や従業員数、決算、独自技術などを基に選ぶ企業は従来の206社から約300社に拡大。中堅・中小企業だけでなく7県に本社を置く大手や大手の系列・子会社、建設業などを加えた。
 業種別検索はこれまで「製造業」「非製造業」の2分類だったが、22業種(製造11業種、非製造11業種)に細分化した。エリア別検索の内容も見直し、県別だけでなく県内の地域別で探せるようにした。
 SNSはフェイスブック、ツイッター、インスタグラムに対応。企業情報のほか7県の魅力や話題も発信し、就職を目指す学生、UIJターンを考える首都圏の社会人にアピールする。
 サイトは2018年12月開設。8月末現在、延べ1万5200件のアクセスがあった。キーワード検索(20項目)では(1)子育てしやすく女性が働きやすい(2)仕事と家庭、家族、趣味を両立できる(3)職場環境・雰囲気が良い−といった企業への関心が高いという。
 センターの担当者は「利用者の声や解析結果、大学生のアイデアなどを採り入れた。東北と新潟で働くことへの理解を深めてもらい、若い世代の地域定着や還流につなげたい」と話す。
 サイトのアドレスはhttps://www.kira-boshi.jp/


関連ページ: 広域 経済

2019年09月28日土曜日


先頭に戻る