宮城のニュース

ミヤテレ杯ゴルフ、初出場の大須賀「楽しい2日間過ごせた」

 プロツアー初出場の大須賀望(東北高)=写真=は予選を突破できなかった。この日は6オーバーで通算11オーバーと盛り返せず「そう甘くはなかった。ただ、楽しい2日間を過ごせた」とすがすがしい表情だった。
 「こんな速いのは初めて」とグリーンに苦しんだ。「ジュニアがじゅうたんならプロはコンクリート」。何度かあったバーディーチャンスを逃し、最後まで距離感をつかめなかった。
 宮城県大和町出身で、同町宮床小3年で本格的に始めた。父純さん(48)をキャディーとして地元大会に出場する夢をかなえ、10月8日に始まるプロテスト2次予選に臨む。「集中力、気持ちの保ち方はプロの姿を見て学んだ。この経験を次に生かしたい」と最後まで笑顔だった。


2019年09月29日日曜日


先頭に戻る