青森のニュース

電車の洗車に興味津々 JR青森駅車両基地で見学イベント

初めて見る洗車にくぎ付けになった乗客

 JR青森駅は28日、青森市の旧青森車両基地(現盛岡車両センター青森派出所)で、車内から洗車を見学できるイベントを開いた。同駅が洗車の見学会を開くのは初めてで、車内は多くの鉄道ファンや家族連れでにぎわった。
 イベントは、現在の駅舎の開業60周年記念事業の一環。午前と午後の2回で、計100人が参加した。乗客は同駅でリゾート列車「リゾートうみねこ」に乗車し、車両基地へ向かった。
 到着すると左右にブラシが付いたゲート型の装置で洗車がスタート。乗客は窓に顔を近づけ、普段は見ることのできない「裏側」に興味津々だった。車内では同駅にまつわるクイズの出題も行われた。
 父親と訪れた青森市の長渕臨君(4)は「電車を洗うところを見られて楽しかった。クイズにもいっぱい正解できた」と笑顔を見せた。


関連ページ: 青森 社会

2019年09月29日日曜日


先頭に戻る