宮城のニュース

秋なのに、夏日4日連続 仙台で28.6度

残暑の中、かれんに咲き誇るコスモス=30日午前10時20分ごろ、仙台市青葉区角五郎1丁目

 宮城県内は30日、高気圧に覆われ、ほぼ全域で秋の青空が広がった。気温も上昇し、仙台では正午までに28.6度と4日連続の夏日を観測するなど、厳しい残暑が続いた。
 仙台管区気象台によると、正午までの県内各地の最高気温は東松島28.8度、丸森28.2度など、県内22観測地点のうち21地点で夏日を記録した。
 仙台市青葉区角五郎の広瀬川沿いにはコスモスが咲き誇り、ピンク色や白色の花びらが散歩中の人を和ませていた。
 気象台によると、10月2日まで晴れ間が広がり、その後は台風18号の接近などで曇り、雨も降る見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月30日月曜日


先頭に戻る