青森のニュース

弘前忍者屋敷、所有者売却で存続危うし 取り壊しの恐れも

売却されることになった忍者屋敷と、管理してきた会田さん
当時の趣が今も色濃く残る客間。左側の壁の裏手に人が隠れられる空間が施されている

 弘前藩の忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」の活動拠点だったとされる「忍者屋敷」(青森県弘前市森町)が、存続の危機に直面している。屋敷の所有者が売却を決め、買い手次第では取り壊される恐れもあるからだ。文化的価値が高いとして、関係者らは保存を熱望している。
 弘前公園南側の追手門から徒歩5分の住宅地。表通りから袋小路に入った先に忍者屋敷がある。木造平屋で、登記簿上の床面積は119平方メートル。江戸時代後期に建てられたとされる。内部には客間の裏に人が隠れられる空間、歩くと音が鳴る「うぐいす張り」の仕掛けが残る。
 青森県内の忍者を研究している青森大の清川繁人教授によると、早道之者は1674年に結成され、明治初頭まで暗躍した。常時約20人、多い時は60人以上で編成され、主に蝦夷地(北海道)や南部藩に関する諜報(ちょうほう)活動に従事していたという。
 清川教授が屋敷の存在を知ったのは3年前。古文書に早道之者の拠点を示す記載はなかったが、任務の一つであった薬草の管理に使われた痕跡や、屋敷の所有者が忍者の一族であったと考えられることなどから、忍者屋敷と判断した。
 現存する忍者屋敷は国内でもあまり例がないという。清川教授は「歴史上重要な役割を果たした忍者を知る上でも、文化的価値は非常に高い」と評価する。
 屋敷は青森市内の自営業会田秀明さん(83)夫妻が所有している。約30年前に親族から引き継いで以来空き家の状態で、定期的に通って手入れを続けてきた。高齢に加え、年数十万円の維持管理費が負担になったため8月下旬から購入者を募っている。
 数年前に屋敷の保存を弘前市に要望したが、実現しなかった。継続して早道之者の活動拠点だったことを示す証拠がない上、増築されているとして文化財としての価値判断が難しいとされたという。
 昨年には全日空の観光ツアーにも組み込まれるなど、屋敷は観光スポットとして注目されている。11日には桜田宏市長が「民間で屋敷を活用する動きがあれば、協力を惜しまない」との考えを市議会で示すなど、風向きは変わりつつある。
 会田さんは「忍者屋敷は心を揺さぶるロマンにあふれている。多くの人が見に来られるような観光コンテンツとして活用してもらいたい」と願う。


関連ページ: 青森 社会

2019年09月30日月曜日


先頭に戻る