宮城のニュース

桜井充氏、国民離党表明 自民入り「選択肢の一つ」

記者会見で離党の意向を表明した桜井氏=30日午後5時30分ごろ、参院議員会館

 国民民主党の桜井充参院議員(63)=宮城選挙区=が9月30日、参院議員会館で記者会見し、離党の意向を表明した。「無所属の自由な立場で格差拡大の是正など社会の在り方を変える政治活動をしたい」と述べた。将来的な選択肢の一つとして、自民党への入党を否定しなかった。
 桜井氏は新自由主義が日本でも進行していると指摘し「国民の生活が厳しくなり、地方の衰退がすさまじい。超党派の議員連盟を設立して問題を解決したい」と語った。
 立憲民主党や国民などの会派合流に関し「疑問を感じる点もあった」と指摘。与党を巻き込むため会派には所属せず、党を離れる決断が必要だったと強調した。
 今後の政治活動で自民入りを目指すのか問われ「受け入れてくれる政党があれば、お世話になることもある。その中の一つが自民であることは間違いない」と可能性を排除しなかった。
 安倍晋三首相が目指す憲法9条への自衛隊明記については「極めてニュートラル。議論はちゃんとすべきだ。最後は国民投票の判断を重く受け止めるべきだ」と述べるにとどめた。
 桜井氏は9月30日、党幹部に離党届を提出。現段階では受理されていない。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年10月01日火曜日


先頭に戻る